住宅リフォームで損をしないための見積ガイド

外廻りのリフォーム(全4項)

屋根、外壁を中心とした修繕、リフォームの方法をまとめて解説しています。
材料の選択ミスはそのまま建物の寿命を大きく左右する大切な部分と言っても過言ではありません。

 

このページでは、建物の寿命を長くする方法を中心に提案しています。
屋根、外壁をはじめとする外装は雨風を直接防いでいるとても大切な
部分です。

 

このバリアーとなる部分をしっかり維持管理することが大切です。

 

早速、あなたの家の外壁、屋根をチェックしてみてください。
とりあえずこのページで掲載している各材料の耐久性、コスト、
特性などをひと通り比較してみましょう。

 

メンテナンスをしなかったために、
屋根や外壁から雨が侵入してきて構造躯体が劣化してしまい
建物の耐久年数が著しく低下しまうような事になったら、屋根、外壁の補修だけでは無く、
更に大きな修繕費用がかかってしまいます。
これらの様な大きな事態を事前に防ぐことがこのページの目的でもあります。

 

1.外壁のリフォーム
2..屋根のリフォーム
3.サッシのリフォーム
4.外観のリフォーム等

 

雨漏れの診断について

外廻りのリフォームを行うときはついでに雨漏れの診断もプロに合わせて見てもらうことをお勧めします。
前述の通り外装は外部からの水の侵入を防いでいる大切なバリアーです。
人間の服と同じです。
このバリアーが傷ついたり劣化してくると雨漏れが始まり天井や壁のクロスにシミが出たり、
窓まわりが湿ってきたり壁がかび臭くなってきたりというサインが出てきます。

 

これを放っておいて本当に怖いのは建物を支えている柱、梁、壁に水が染みて腐食が進んでしまうことです。
以下の様な項目もチェックしてみてください。

 

瓦、スレート等の屋根材の割れ、ズレ
外壁材の劣化、ひび割れ、防水切れ、
窓廻りの防水切れ
雨樋、ベランダ排水の詰まり、ベランダ防水層の劣化
窓廻り、屋根裏の結露
かび臭い部分は無いか?

外廻りのリフォーム記事一覧

1,外壁工事の中心になる価格帯は70〜200万くらいです。現状の外壁と新たに施工する材料を何にするかによって大きく変わってきます。2,見積は3社くらいに依頼して同じ条件で比較することをお勧めします。一番のチェックポイントは外壁材の数量です。→u単位で書いていることを確認してください。外壁張り替えの場合は雨樋の竪樋の取り外しも必要になります。既存の外壁の上に新しい材料をある場合は窓廻りの板金施工も必...

1,屋根工事の中心になる価格帯は50〜100万くらいです。最近の主な屋根材は塗装、スレート、鉄板、洋瓦、和瓦があり、いずれも軒先の雨樋工事、大工工事が必要になる場合が多く現場調査に来た担当者によっては経験不足のためにこれに気付かず後になって請求が来たりすることも少なくありません。2,見積は3社くらいに依頼して同じ条件で比較することをお勧めします。チェックポイントは屋根材の数量、足場の有無、補足工事...

1,複数見積が一番:この種の工事ほど業者によって見積に差がひらく工種はありません。業者によって倍近くの差がひらくことも有るので見積り依頼に際しては同じ条件とし、見積には明細を要求して比較検討する必要があります。理由としては、大手業者に依頼すれば外注がを多用していて高かったり、手間の安さを狙って少人数しかいない小規模業者に頼んだら今度は材料や部品の仕入れが高くて結果的に高額になったりしてしまうのがこ...

page top