鬼門・風水につて

鬼門とは、
北東の方位のことで反対の、南西の方角を裏鬼門といいます。
中国から伝わったものとされていますが、家相や鬼門に関しては様々な方法、手法が広まってしまい観る人によって思考のズレが有ります。

 

風水は、
中国から伝わってきたもので、都市、住居、建物、墓などの位置の
吉凶を決めるために、気の流れを物の位置で防ぐことが出来ると考えられてきたものです。
日本ではこれをもとに家相や九星・気学などをアレンジさせてきたものと思われます。

1 風水と家相の違いを比較検討

 

 

 

風水と家相についての違いを知りましょう。このことについては、鮑 黎明氏著作の「正統風水百科」に詳しく書かれています。一部を引用しますので参考にして下さい。

 

 

 

 

項  目

 

中国風水学

 

日本の気学、家相

 

 

鬼門、裏鬼門について

 

一概に凶方としない。

 

これを忌み嫌い、避ける。

 

 

住居、オフィスの各部の意味

 

玄関の向き、ガスレンジの位置、電化製品の位置、トイレ、寝室、ベッドの向き、机の向きなどを細かく定義している。

 

各部の意味するところは明確にとかれていない。

 

 

方位の吉凶について

 

建物の構造、向き、地勢を考慮。人の出生年により吉凶を決定。八方位と九星による判断。

 

東、東南、西北を吉方とする。トイレを非常に嫌う。建物欠けや張りで吉凶を判断

 

 

方位の範囲度数の分割

 

八方位を各45度にする。さらに各15度の24方位で判断するのが一般的

 

八方位を各45度にする派と東西南北の四方位を各30度で四隅方位を各60度に分ける派がある

 

page top