外壁サイディングの見積方法

外壁サイディングの見積方法

外壁サイディングのリフォームは塗装の塗替えよりも高額になりますが、下地材等の老朽化が激しくて塗装工事の出来ない場合には必要になります。
このような時にもサイディングの張替え工事若しくはカバー工法等で施工をすることになります。
そして工事は、優良業者でさらに適正価格以下かつ品質を下げずに施工する業者を見積対象として紹介してくれるサイトがおすすめです。

 

本来ならば
複数の優良な業者を口コミ等のリサーチで探しだして

1社ずつ電話して見積り依頼をして

1社ずつ見積チェックして比較して

1社以外の業者にお断りの連絡をしてから工事にかかることになりますが、

 

あなたの悩みを解決した上で、
もっとスムーズに見積〜工事へと進める方法があります。

 

利用者の評判まで確認して厳選された業者のみを紹介している
リフォーム会社から、電話や訪問でしつこく営業される心配なし
お金のことなど、きわどい質問や相談も気軽にできる
しがらみなく、自分のペースでじっくり会社を選べる
気に入らない会社は、ボタン1つでお断りも気兼ねなくできる
無料で利用できて完成保証も付いている

 

>>失敗しないリフォーム会社選びはコチラのサイトがおすすめです

 

 

 

外壁工事ではどうしても抑えておきたい大切なポイントがあります。

とても単純で簡単なことばかりなんですが、新人の営業マンや知識の乏しい営業マンの方々は誤っておすすめしてしまうことがとても多いです。

 

『サイディング工事が高いと言われればつい、塗装工事を勧めてみたり』
『お客様にお金があると思ったら下地が老朽化しているにもかかわらず高価な塗装を進めてしまったり』
又、プロでもミスったりもします。何でも鵜呑みにしては行けません。

 

現状の外壁がモルタルの時のカバー工法
 モルタルは脆くそれに孔を開けることになるのであまりオススメしません!
塩害地域での金属サイディング
 製品の保証内容をメーカ−資料で確認しましょう!
多雪地域・暴風・暴雨地域での窯業系サイディング
 表面塗膜、反りが激しくなりやすい。
コーキング、防水下地等の確認
page top