耐震リフォーム

耐震リフォーム(全2項)

耐震リフォームは建物の強度を確保するためにも重要な工事ですが、
悪徳業者の付け入る隙を与えてしまうので要注意です。
雑誌やメディアでもその内容の報道はとても多いです。

 

ここでは本当に必要な金物をはじめ、耐震診断についてまとめました。
1,基礎
2,構造躯体(本体)

 

熊本大地震
新耐震でも壊れた物件がありました。
更にホールダウンが破断した箇所もありました。

耐震リフォーム記事一覧

雨の日にコンクリートを型枠に流し込んでいる業者は要注意です。調合する成分量が変わると強度、耐久性が落ちてしまうからです。建築工事の初っ端から躓いてしまっています。基礎の成分はセメント、砂利、砂、鉄から出来ていてこれらを合体すると鉄筋コンクリートになります。固まる前は型枠に流し込むために液状になっており上記成分の他に水、空気、AE材等が含まれています。成分比率は設計で全て決められている為、雨の日にコ...

木造住宅では地震があった時の荷重は柱ばかりではなく壁によって支えられています。素人がリフォームによって壁を移動したり取ってしまうことはとても危険なことなので要注意です。特に筋交いを必要とする在来工法の木造は、リフォームによってエアコン等の設備を壁に取り付ける場合もその重要な筋交いに孔を開けてしまう事のないように注意してください。管理人は過去にリフォームで全部改装を行ったお宅で唖然としてしまったこと...

耐震リフォームは補助金がでるが、内部仕上材を剥がして骨組みだけの状態にする必要があるので費用がかかってしまいます。出来る方も少なく限られて来るのでまずは出来るリフォームを優先すべきかと思います。(今回の熊本地震を振り返って)電気温水器の倒壊防止対策電気温水器の中の水は震災時貴重な備蓄水になるので、温水器の倒壊を防ぐ施工法を考えることが大事である。瓦の落下防止対策瓦は築10年ほどの建物でも破損、ずれ...

page top