2,構造躯体(本体)

木造住宅の骨組み

木造住宅では地震があった時の荷重は柱ばかりではなく壁によって支えられています。
素人がリフォームによって壁を移動したり取ってしまうことはとても危険なことなので要注意です。

 

特に筋交いを必要とする在来工法の木造は、
リフォームによってエアコン等の設備を壁に取り付ける場合も
その重要な筋交いに孔を開けてしまう事のないように注意してください。

 

管理人は過去に
リフォームで全部改装を行ったお宅で唖然としてしまったことがあります。
内部の仕上げと壁ボード類を剥がして構造躯体が見えるようになった時のことです。

 

なんと
取り付けられている筋交いが一本残らず孔が空いてしまっていました。
これでは地震が来た時には全壊は免れないと思いました。

 

もちろん全箇所の筋交いを入れなおしたことは言うまでもありません。